‘未分類’ カテゴリーのアーカイブ

毛が太いので痛みがある人も

2014/10/25

VIO脱毛では、範囲はそれほど広くはありませんが、皮膚への影響や痛みが気になるところです。大抵が光を用いた施術を行いますので、他の施術と比べると刺激は少ない方ですが、それでも毛が太いと刺激も強くなります。
照射される光は黒い色素に反応します。つまり、色素が濃ければ濃いほど、強く反応するというわけです。実際に、色素の薄い部分と濃い部分では、同じ人が施術を受けても感じ方は大きく異なります。もちろん、出力を調整して刺激をやわらげるという方法もありますので、やみくみに怖がる必要はありません。
地球08

VIOラインはとてもデリケートな場所ですので、肌への刺激も考慮しなければなりません。心配なことがあれば、必ずカウンセリング時に確認をとり、不安をなくしてから施術に臨むことが大切です。
どのような施術であっても、ムダ毛の再生をストップさせるわけですから、全く肌に影響がないわけではありません。常に下着との摩擦が起こる場所ですし、明らかな皮膚の異変を感じたら早めの対処が必要です。一時的に刺激を感じる程度なら良いのですが、続くような場合には、照射による軽いやけどや、その他の皮膚トラブルを引き起こしている可能性があります。

ためらう理由第一位!恥ずかしい

2014/10/25

デリケートゾーンのムダ毛が多い女性は、どうしてもビキニを着ることに抵抗を感じている人が多いです。やはりムダ毛がビキニからはみ出したら、カッコ悪いと考えているからでしょう。
デリケートゾーンのムダ毛が多いと、彼氏ができた時にもすごく気になる女性も多いです。
彼氏が部屋に来る前に、デリケートゾーンのムダ毛の自己処理をおこない、毛穴が目立ったり肌を傷つけて余計みっともなくなった経験がある人もいることでしょう。
デリケートゾーンのムダ毛処理は、他の部位に比べて皮膚が弱い部位なので、できるだけ丁寧にムダ毛処理をしなければいけません。

特にIラインやOラインは性器や肛門が近い場所なので、余計丁寧にムダ毛処理をしなくてはいけません。脱毛サロンに通いVIO脱毛をしたいと考えている女性も多いですが、脱毛施術中に恥ずかしい体勢をとらされるので、VIO脱毛をためらう女性も多いです。
確かに初めてVIO脱毛する人は、不安が多いかもしれませんが、スタッフは全員女性で、しかも仕事なので、まったく気にすることはありません。VIO脱毛施術中は紙パンツを着用するサロンも多いです。VIO脱毛は一度おこなってしまえば、デリケートゾーンのムレやかぶれなども気にしなくていいので、汗をかきやすい夏も快適にすごせます。

VIO脱毛のデメリット

2014/10/25

VIO脱毛は今日極めて高い顧客満足度を誇る美容脱毛メニューです。生理やおりものあるいは汗によって蒸れやカユミが起こる、トイレの後の下着汚れや臭い移りが起こる、などの問題を、IラインとOラインの完全脱毛により大幅に軽減できます。またVラインにおいてはアンダーヘアをある程度デザインできますので、小さ目の逆三角形や卵型のように自然な形にもできますし、完全な無毛・長方形・ハート型などの個性的なデザインにもできます。そうすることで下着や水着からのアンダーヘアのはみ出しを防ぐこともできますし、剛毛であるとか生えている範囲が広い、という人のコンプレックス解消にも役立ちます。しかも効果は何年も続き、実証的にどれだけ継続するかは未確認ながら、エステティックサロンや美容外科では2年程度の保証期間を設けています。
                                                                            

このように満足度の高いメニューでありながら、何か不都合はあるのでしょうか。少なくとも女性の側から見た時には何も問題はないはずです。実利的にも審美的にもメリットが大きいはずです。もしそこにデメリットがあるとすれば、男性側の意見が投影されたものになるのではないでしょうか。
例えばVラインにおけるアンダーヘアの残し方が、個性的なデザインを選んだ場合には作為性が強いと感じ、保守的な考え方の人であればそれを審美的に受け取らない、という問題です。特にこの脱毛メニューは効果が何年も続きますから、デザイン性の高い形を選んだ時には、あとで後悔してやり直すということができにくい側面があります。

アンダーヘアのお手入れ方法

2014/10/25

アンダーヘアのお手入れは、女性が神経質になる問題の一つです。最も重要なのは、下着や水着からはみ出さないように整えるということでしょう。剃刀やハサミを使って自分で整えることになりますが、結局同じことを繰り返す必要があることで煩わしさが残ります。
ところで露出度の高い水着や衣装を好むブラジル人は、ヘアの手入れをワックスによって行うことを長らく行ってきました。日本でもブラジリアンワックスとして知られ、通信販売などでも5000円程度で購入できます。脱毛したい部分にワックスを塗布し、それを引き剥がすことで抜いてしまう、というものです。多少手荒なイメージから伝わる通り、痛みをともなます。個人で購入して行うこともできますし、脱毛サロンでこの手法を取り入れている業者もいます。
地球06                                                                            

美容脱毛メニューとしては、ニードル方式をへて現在では、エステティックサロンにおいてはジェルと光との組合せで、美容外科ではレーザーを用いて脱毛するのが近年の流行になっています。ハイジニーナ脱毛やVIO脱毛などという呼称で、雑誌広告やWebのバナー広告などで目にする機会が増えています。光とレーザーという違いはあっても原理はほぼ同じで、あらかじめヘアを剃毛しておいて、毛根に向けて照射し黒い部分に反応させて抜くという方法です。この施術を繰り返すと毛母細胞からの再発毛機能が抑制され、脱毛効果が何年も続くというものです。
このようにお手入れには様々な方法がありますが、時代とともに変遷し、より顧客満足度の高い手法が発達してきました。特にハイジニーナ脱毛やVIO脱毛では、マーケティング戦略としても大成功しているモデルとなっています。

ケアを怠ると黒ずみの原因に

2014/10/25

若い頃の透き通るような肌が懐かしいという女性は多いはずです。20代前半までは少しくらい不摂生をしても翌日の肌に影響はなく、生理などのホルモンバランスが崩れる期間もクリームを塗ったりすれば跡はできません。しかし年齢を重ねると少しの不摂生でも次の日の化粧ノリは最悪になります。代謝が落ち、肌のターンオーバーの力も低下の一途をたどるためです。そして少しでもケアを怠ると肌の黒ずみができやすくなります。

夏場は肌の露出が多くなるので毛のお手入れを頻繁に行うと思いますが、お手入れ後にすっかりとケアをしないと肌が黒っぽくくすんでしまう原因になります。そのため最近の女性は若い時から全身脱毛を行っています。料金もそこそこかかりますが、この先一生毛のお手入れを続けていくことを考えると安いと感じるでしょう。脱毛は完了するまでに4、5年かかりますので、時間に余裕がある大学生のうちにバイトしながら行うのがおすすめです。また、夏場の日焼けは蓄積され年齢とともにシミとして現れます。日焼けを完全に防ぐことはできません。なのでアフターケアをしっかりと行う必要があります。美白化粧水にもいろんな種類がありますので自分に合うものを探してください。

VIO脱毛のアフターケア

2014/10/25

ムダ毛のお手入れをする際に多くの女性がカミソリや除毛クリームなどを利用して処理をする場合が多くなってきています。ドラッグストアなどで気軽に購入することが出来るメリットがありますし、処理時間も短時間でケアをすることが出来るメリットがあります。しかしこのケアは脱毛ケアではなくただの除毛ケアになりますので、頻繁に処理をすることが必須になってきますので、デリケート部位の処理は肌荒れの原因になってしまう恐れがあります。

月01

そこで水着などを着る際に処理が必要になるVIO脱毛は、エステサロンや脱毛サロンなどの美容施設を利用することが一般的です。しかし最近では光脱毛が行える家庭用脱毛器も販売されるようになっていますので、自宅でも安心して本格的な脱毛ケアを行えるようになっているのです。光脱毛はムダ毛に含まれている黒い色素に反応する仕組みになっており、脱毛効果のある特殊な光を肌に照射することによって肌に負担をかけることなく、ムダ毛だけピンポイントで処理することが出来るようになっているのです。ただ自宅でケアをする場合には脱毛施術後にはアフターケアを行う事が大切です。刺激の少ないボディローションを利用して肌を整えることが必須です。

毛のう炎の症状と対策

2014/10/25

皮膚の状態は非常に個人差が見られるもので、脱毛処理に対してもそれぞれ副作用のリスクがつきものです。皮膚トラブルには様々種類が見られますが、その中でも代表格とされているものに毛のう炎という細菌感染症の一種があります。これは毛包に黄色ブドウ球菌やコアグラーゼ陰性ブドウ球菌が侵入し感染することにより発生するとされています。

症状は中央部に膿をもったり、赤みのある丘疹が一つから複数現れるもので、一見小さいニキビが集中的に出ているように見えます。軽度の場合この部分にかゆみや痛みはほとんどないと言われていますが重度になると痛みや発熱を伴うことがあります。原因として挙げられるものには毛包に傷がついていたり、ステロイド剤の使用などで皮膚自体の力が弱まっている場合に起こりやすく、それに加えて脱毛処理においても肌に負担をかけることから発症原因につながることがあります。対策として有効なのは、刺激を最小限にとどめ時間経過と共に回復する自然治癒法や専門医の受診のもと処方された化膿止めの服用するなどの方法があります。その間にも皮膚に付着した汗や汚れの対処をまめに行い、皮膚を清潔に保つことが治癒と予防にとても重要です。

炎症性浮腫の症状と対策

2014/10/25

一般的な浮腫には、リンパ節が腫れている状態のリンパ性浮腫や脳梗塞などで神経が傷害される血管神経性浮腫などがあり、最近ではムダ毛のなどの処理をレーザー脱毛を行って処理する方が増えており、レーザー脱毛の施術を行ったほぼすべての方に炎症性浮腫の症状が見られます。この浮腫はレーザー照射による熱が原因となっており、ムダ毛の太く濃い箇所は特にレーザー照射の熱量が多くなりますので、むくみのような浮腫が発生しやすくなります。

月とロケット
この症状は個人差がありますが、多くの方が翌日には納まるのですが、肌が弱いたいしつのかたの場合は、浮腫やひりひりした状態が数日間続くこともあります。また太ももなどの肌が白い箇所は、見た目にレーザー照射の炎症が強く出ているように見える場合もあります。
ムダ毛を医療レーザー脱毛によって処理することのリスクの一つでもありますので、対策としては、施術後に医師の診断を受け、必要に応じて内服薬や軟膏を処方してもらうのですが、2日から3日で、この症状は治まるのですが、治らなかったり、悪化している場合は、処方された内服薬や軟膏の使用を中止して、また診察をしてもらう必要があります。
また、レーザー脱毛を行っての炎症にかかる診察料や薬代は無料のところが多いです。”

VIO脱毛の副作用

2014/09/29

今、若い女性を中心にはやっている脱毛がVIO脱毛です。どこの部位の脱毛かというとアンダーヘアです。Vライン、陰部、肛門周辺のムダ毛を処理することが目的です。方法はレーザーや光を使って行うのが多いです。最近ではメンズサロンでもこの脱毛がされていて、なかなか人気のようです。副作用はめったに出ることはありません。万が一、出てしまったとしても、脱毛時に塗布するジェルや薬が原因で赤くなったり、かゆくなったりする程度です。

稀にレーザーや光の照射により過敏症が発覚することもあるそうです。いずれにしても最近の脱毛エステでは医療機関と提携しているところや、レーザーに関しては医療機関で行われるため、大ごとになることはまずないようです。しかし妊娠中や授乳中の方はホルモンバランスが乱れやすいため、脱毛効果が減少します。そのため、脱毛サロンでは妊娠中や授乳期間中の施術は一時中断し、生理が戻ってきてから再開するところがほとんどです。妊娠初期のころは妊娠に気づかず脱毛を受けてしまう方が多いですが、胎児に対しては直接影響はないとされています。しかしホルモンバランスが不安定な時期は長時間の施術や施術効果などにおいて不効率なのでお休みするのが得策です。