炎症性浮腫の症状と対策

一般的な浮腫には、リンパ節が腫れている状態のリンパ性浮腫や脳梗塞などで神経が傷害される血管神経性浮腫などがあり、最近ではムダ毛のなどの処理をレーザー脱毛を行って処理する方が増えており、レーザー脱毛の施術を行ったほぼすべての方に炎症性浮腫の症状が見られます。この浮腫はレーザー照射による熱が原因となっており、ムダ毛の太く濃い箇所は特にレーザー照射の熱量が多くなりますので、むくみのような浮腫が発生しやすくなります。

月とロケット
この症状は個人差がありますが、多くの方が翌日には納まるのですが、肌が弱いたいしつのかたの場合は、浮腫やひりひりした状態が数日間続くこともあります。また太ももなどの肌が白い箇所は、見た目にレーザー照射の炎症が強く出ているように見える場合もあります。
ムダ毛を医療レーザー脱毛によって処理することのリスクの一つでもありますので、対策としては、施術後に医師の診断を受け、必要に応じて内服薬や軟膏を処方してもらうのですが、2日から3日で、この症状は治まるのですが、治らなかったり、悪化している場合は、処方された内服薬や軟膏の使用を中止して、また診察をしてもらう必要があります。
また、レーザー脱毛を行っての炎症にかかる診察料や薬代は無料のところが多いです。”

コメントは受け付けていません。