毛のう炎の症状と対策

皮膚の状態は非常に個人差が見られるもので、脱毛処理に対してもそれぞれ副作用のリスクがつきものです。皮膚トラブルには様々種類が見られますが、その中でも代表格とされているものに毛のう炎という細菌感染症の一種があります。これは毛包に黄色ブドウ球菌やコアグラーゼ陰性ブドウ球菌が侵入し感染することにより発生するとされています。

症状は中央部に膿をもったり、赤みのある丘疹が一つから複数現れるもので、一見小さいニキビが集中的に出ているように見えます。軽度の場合この部分にかゆみや痛みはほとんどないと言われていますが重度になると痛みや発熱を伴うことがあります。原因として挙げられるものには毛包に傷がついていたり、ステロイド剤の使用などで皮膚自体の力が弱まっている場合に起こりやすく、それに加えて脱毛処理においても肌に負担をかけることから発症原因につながることがあります。対策として有効なのは、刺激を最小限にとどめ時間経過と共に回復する自然治癒法や専門医の受診のもと処方された化膿止めの服用するなどの方法があります。その間にも皮膚に付着した汗や汚れの対処をまめに行い、皮膚を清潔に保つことが治癒と予防にとても重要です。

コメントは受け付けていません。