VIO脱毛の副作用

今、若い女性を中心にはやっている脱毛がVIO脱毛です。どこの部位の脱毛かというとアンダーヘアです。Vライン、陰部、肛門周辺のムダ毛を処理することが目的です。方法はレーザーや光を使って行うのが多いです。最近ではメンズサロンでもこの脱毛がされていて、なかなか人気のようです。副作用はめったに出ることはありません。万が一、出てしまったとしても、脱毛時に塗布するジェルや薬が原因で赤くなったり、かゆくなったりする程度です。

稀にレーザーや光の照射により過敏症が発覚することもあるそうです。いずれにしても最近の脱毛エステでは医療機関と提携しているところや、レーザーに関しては医療機関で行われるため、大ごとになることはまずないようです。しかし妊娠中や授乳中の方はホルモンバランスが乱れやすいため、脱毛効果が減少します。そのため、脱毛サロンでは妊娠中や授乳期間中の施術は一時中断し、生理が戻ってきてから再開するところがほとんどです。妊娠初期のころは妊娠に気づかず脱毛を受けてしまう方が多いですが、胎児に対しては直接影響はないとされています。しかしホルモンバランスが不安定な時期は長時間の施術や施術効果などにおいて不効率なのでお休みするのが得策です。

コメントは受け付けていません。